市役所の新教養試験対策/大卒・短大卒・高卒とも対象

今回は、市役所の教養試験を取り上げます(新たな教養試験にも対応します)。今回は、大卒・短大卒・高卒どの方も対象としています。この記事は、都道府県・政令指定都市・東京都特別区を除く、一般的な市役所と町村役場の採用試験を対象にします。

(政令指定都市は、札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市、相模原市、新潟市、静岡市、浜松市、名古屋市、京都市、大阪市、堺市、神戸市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市です)

(都道府県・政令指定都市・東京都特別区の方は、大卒程度は地方上級・市役所大卒・国家一般職大卒、高卒程度は地方初級・市役所高卒・国家一般職高卒の参考書を参考になさってください)

市役所の採用試験では、大卒程度と高卒程度を分けて実施する自治体と、大卒・高卒などを分けずに、志望者全員が同じ試験を受ける自治体があります。後者の場合は、高卒程度の試験内容になります。

市役所の新教養試験の内容

平成30年度(2018年度)以降、市役所の教養試験(基礎能力試験)は、スタンダード(標準タイプ)、ロジカル(知能重視タイプ)、ライト(基礎力タイプ)のうち、いずれかのタイプを採用して実施されます。

さらに、スタンダードとロジカルは1と2に分かれます。スタンダード1とロジカル1は大卒程度、スタンダード2とロジカル2は大卒・短大卒・高卒程度つまり高卒以上なら誰でも受けられる試験です。

これに対してライトは、1~2などの分類が無く、高卒程度以上に該当する方なら、どなたでも受験できる試験です。試験内容は、高卒程度となっています。

なお、技術系、資格免許職、消防職、あるいは経験者採用など、事務系以外の職種・区分でも、新たな教養試験を導入する市役所が見られます。さらに、同じ市役所の採用試験でも、職種や区分によってタイプが異なる自治体もある点に留意すべきです。

スタンダードとロジカル

平成29年度(2017年度)までの教養試験と比べると、スタンダードは時事問題が重視される点を除けば、従来の試験内容と同じです。ロジカルも従来と同じ試験内容ですが、知能分野(一般知能)の出題数が大きく、自然科学の出題がありません。

スタンダード、ロジカルとも、「古文」、「哲学、文学、芸術等」、「国語(漢字の読み、ことわざなど)」は出題されません。また、ともに120分・40問の五肢択一式で、全問必須解答です。両者の間では、共通問題も多く見られます。

スタンダードとロジカルは、出題科目の構成や科目別出題数が違うだけです。スタンダードは、ほぼ従来型の公務員試験といえますし、ロジカルは出題科目や科目別のウェイトが異なるだけです。この2タイプは、従来の公務員試験の試験勉強がそのまま通用します。

ライトは新しい試験

ライトだけは、従来の公務員試験とは全く異なる試験です。ライトは、「論理的な思考力」「言語的な能力」「社会への関心と理解」の3分野から出題されます。75分・60問の四肢択一式で、全問必須解答です。

またライトは、公務員試験で一般的な五肢択一式ではなく四肢択一式であり、問題自体の難易度は非常に易しくなっています。ただし、従来型よりも試験時間は短く、問題数は多くなっており、早く正確に解く能力が要求されます。

ライトは、「論理的な思考力」9問→「言語的な能力」9問→「社会への関心と理解」12問を2回繰り返す形で出題されます。つまり、「論理的な思考力」18問、「言語的な能力」18問、「社会への関心と理解」24問課されます。

実際の問題は、従来の公務員試験と比べると、「論理的な思考力」は判断推理、数的推理、資料解釈、「言語的な能力」は国語、文章理解、「社会への関心と理解」は政治、経済、社会、時事問題が出ており、時事的な問題は自然科学からも出ています。

ライト型の問題は、従来の公務員試験に比べると、問題文が短く、難易度が低く設定されています。ただし、1問あたりに掛けられる時間が短いため、問題が易しいから高得点が取れるとは限りません。

ライトは、民間企業志望者でも受けやすく、全く新しい試験です。しかし、出題科目を見ていくと、従来の公務員試験の科目をベースにしたものであり、独特の傾向に留意すべきですが、既存の公務員試験の試験勉強で対応できると思います。

ライト型の市役所を受験する場合は、とにかく難問にこだわる必要はありませんが、基礎~標準問題を重視しつつ、他の公務員試験よりも更に「早く正確に」解くことを意識する必要があるといえます。

更に、ライト型は、社会科学・時事問題が4割を占めており、特に時事問題のウェイトが高いことが特徴です。時事問題は政治、経済、国際から、社会、文化、科学技術に至るまで、非常に幅広く出ており、まんべんなくフォローすることが重要です。

志望先の市役所のタイプを調べよう

市役所の受験案内(募集要項)で、どのタイプを出題するか明記している市役所なら、それぞれのタイプに沿った試験対策・試験勉強を進めましょう。また、全国の自治体の試験情報を集めた市販の書籍もあります(詳しくは後述します)。

受験案内に明記されてない場合は?

その一方、受験案内にタイプの明記が無い市役所もあります。この場合、試験時間、出題数、出題形式(五肢択一式か四肢択一式か)を確認することで、どのタイプに該当するか、一定の推測ができると思います。

出題科目についても、判断推理、数的推理、文章理解、資料解釈、人文科学、社会科学など、従来の科目が一通り揃っていればスタンダードだと推測できますし、そのうち自然科学が明記されて無いのなら、ロジカルかもしれません。

ライト型であれば、市役所の受験案内に、「民間企業志望者でも受験しやすい」とか、(従来型の公務員試験という意味で)「特別な対策を必要としない」などの記述があると思われます。

また、従来の出題科目ではなく、「論理的な思考力」「言語的な能力」「社会への関心と理解」などと書かれていれば、ライト型だと推測できます。

さらに、先に述べた通り、市役所の中には、事務系、技術系、資格免許職、消防職、経験者採用など、職種・区分を通じて同じタイプの試験を課す市役所もあれば、職種・区分によって異なるタイプの試験を課す市役所もあります。

なかには、年度によってタイプを変更する市役所もあることに要注意です。過去の実施実績は、試験勉強を始めるにあたっての参考にとどめ、各自の受験年度に応じた実際の受験案内を、必ず確認しましょう。

分からない場合は新旧両方の試験勉強を

ここまで述べてきた通り、どのタイプなのか明確に明記されていない市役所の場合は、志望先の市役所のうち、出願する職種・区分がどのタイプに該当するのか、受験年度の受験案内の記述をもとに、自己責任で判断しましょう。

それよりも、志望先の市役所の試験タイプが分からない場合は、従来の公務員試験と、新たな教養試験に該当するライト型対策と、両方の試験勉強を並行して行うことをおすすめします。これが最も無難だと思います。

市役所新教養試験Light&Logical[早わかり]問題集

平成30年度(2018年度)以降に導入された、新たな市役所採用試験の教養試験に対応する市販の教材は、実務教育出版の「市役所新教養試験Light&Logical[早わかり]問題集」だけです。

本書は、主に大卒程度の方を想定した参考書・問題集であり、試験日程の説明やロジカルの過去問は、大卒程度の内容である点に注意してください。ただし、大卒・短大卒・高卒とも同じ試験を課すライトの過去問や、一般的な新教養試験の説明に関しては、短大卒・高卒の方も使える内容といえます。

この問題集は、新教養試験の内容はどんなもので、それに対して受験生が取るべき対策は何か、初歩的な知識から詳しく解説してくれます。また、ライト型とロジカル型について、実際の試験問題を数十問づつ掲載しています。

さらに「市役所新教養試験Light&Logical[早わかり]問題集」は、全国の市役所から、採用試験の代表的な実施スケジュールや、実際にライト型やロジカル型を実施した実績のある市役所一覧を掲載し、新たな教養試験の実施実績がある市役所が、ひと目で確認できます。

(もちろん、これはあくまでも過年度の実施実績です。次の年も同じ試験とは限りません。受験年度の市役所の受験案内や募集要項を確認し、自分が受験する年度の試験タイプ・内容をしっかり確かめましょう)

市役所新教養試験Light&Logical[早わかり]問題集」は、二色刷りでとても見やすく、毎年4月中に最新版が出版されています。もちろん、市役所採用試験に関して、直近の試験情報や試験問題が掲載されており、最新年度版の購入をおすすめします。

本書は、問題部分に関しては、過去問を再構成しているだけでなく、時間が無い方向けに、そこだけ読めばすぐ解ける「早わかり解説」と、より踏み込んで解法や関連知識を叩き込める「しっかり解説」の二段構えとなっており、過去の出題実績から必要と思われる知識や解き方が習得できます。

市役所新教養試験Light&Logical[早わかり]問題集」は、新たな教養試験の対策が出来る唯一の市販教材というだけでなく、市役所の採用試験に特化した試験のスケジュールや試験内容・実際の問題まで踏み込んで確認できる優れた良書としておすすめできます。

従来型の市役所の場合の対策は?

志望先の市役所が従来型(スタンダード、ロジカル)の方は、大卒程度は地方上級・市役所大卒・国家一般職大卒、高卒程度は地方初級・市役所高卒・国家一般職高卒の参考書で一括して試験対策を取り上げていますので、参考になさってください。