官庁訪問とは

官庁訪問とは、国家公務員試験において、各省庁が実施する採用プロセスのことです。国家公務員の場合、合格=採用とは限りません。実際にどこの省庁に採用されるかは、官庁訪問というプロセスを経て、自ら採用を勝ち取る必要があります。

国家公務員の場合、採用試験は人事院が行います。これに対して、官庁訪問は各省庁が行います。官庁訪問のルールは、各省庁の申し合わせに基づいて決まります。

官庁訪問は、国家総合職や国家一般職などで実施されます。官庁訪問は、国家総合職は国家一般職よりも厳しく、事務系は技術系よりも厳しいと言われます。

官庁訪問は、国家総合職では、以前は1次試験合格後でしたが、現在は最終合格発表後に始まります。一方、国家一般職では、1次試験合格後に始まります。

もちろん、官庁訪問で高い評価を得たとしても、採用試験で最終合格を得られなかった方は、採用されることはありません。

官庁訪問の暗黙のコツ

官庁訪問の公式な(表向きの)ルールは、各省庁の人事担当課長会議を通じた申し合わせに基づいて、毎年設定されます。官庁訪問のルールや日程に関しては、人事院の公式サイトから確認できます。ご自身の訪問年度の情報を、随時しっかり確認しましょう。

このルールでは、受験者へ最大限の配慮を行う、行動を過度に制限しない、不利益な取扱いを行わない、内定や内々定の解禁を厳守する等の項目もあります。しかし、官庁訪問の実態は、このルールとは全くかけ離れていることに注意しましょう。

例えば、1つの官庁で丸1日という拘束時間は珍しくありませんし、非公式に内々定を伝える省庁も少なくありません。こうした、民間企業の就活とは全く異なる、官庁訪問に特有のコツを知らなければ、採用試験で高い合格席次だったとしても、採用自体がとても困難となります。

官庁訪問では、人事担当者との連絡のとり方や、官庁訪問で望ましい(または避けるべき)振る舞いや発言など、採用を勝ち取るための暗黙の約束事が存在します。しかし、こうしたコツは、公式に表立って明らかになることはありません。

官庁訪問の独特のコツは、受験者どうしの情報交換や、公務員試験の受験予備校など、口コミで伝わることが一般的です。こうした情報が全て正しいとは限りませんが、官庁訪問は、建前は全く通じないものだということは留意すべきです。

官庁訪問の「拘束」

官庁訪問は、本省採用を目指す場合はもちろんですが、本省以外の官庁でも、東京で行う場合があります。官庁訪問の期間中は、複数の省庁を訪問したり、同じ省庁を何度も訪問することになるため、それなりの負担と覚悟が必要です。

さらに、官庁訪問には「拘束」が存在します。拘束とは、特に説明や面接が実施されるわけでもないのに、指定された日時に当該官庁に留まることを求められることです。

官庁訪問の拘束は、受験者が他の官庁を訪問する機会を潰すことで、少しでも人材を確保しようとするためだと言われます。拘束の程度も、1つの官庁で丸1日過ごすのも全然珍しくありません。

採用競争は業務説明会から始まっている

官庁訪問の前に、業務説明会というものがあります。これは、人事院主催のものと各省庁が主催するものがあります。どちらも、可能な限り何回でも、絶対に参加すべきです。業務説明会を、文字通り「話を聞くだけ」などと思ってはいけません。

国家総合職の採用競争は、官庁訪問ではなく、業務説明会の時点で既に始まっています。業務説明会の参加の有無を、官庁訪問の時に問われる(あるいは書かせる)省庁も少なくありません。

当サイトの官庁訪問に関する記事

当サイトでは、官庁訪問の実態と対策に関して、業務説明会、クール制、人事面接/原課面接、入口面接/出口面接、面接(訪問)カード/ES、自作ノート、逆質問、コンピテンシー面接/圧迫面接、採用試験最終合格者のうち採用者の割合、どんな人が受かるのかなど、国家総合職は官庁訪問(国家総合職)カテゴリ、国家一般職に関しても記事を公開する予定です。

官庁訪問の記事一覧(国家総合職)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公務員試験ガイド